2016年04月07日

ランサムウェア(身代金要求ウイルス)の駆除や対策、データ復旧方法


以前もにも記事を書きましたが、ファイルを暗号化するランサム
ウェア
が本格的な大流行を始めています
個人はもちろん、企業もサイバー攻撃に十分な注意が必要です。

ランサムウェアに感染すると、ファイルが知らない拡張子に暗号化され開くことができなくなります。
また暗号化を解除して欲しければ「ビットコイン」で支払いするよう求めてきます

高いデータ復旧率で大切なデータを取戻します。


■主なランサムウェア名(身代金要求ウイルス)


・Crypt0L0cker
・CryptoWall (クリプトウォール)
・Locky    (ロッキー)
・TeslaCrypt (テスラクリプト)
・WannaCrypt(ワナクライ)


Wordなど特定の拡張子をもったファイルを暗号化するウイルス
に加え、有償の復元ツール購入を要求してくる悪質なウイルスまで現れています。

スポンサーリンク


■ランサムウェアにより暗号化される拡張子ファイル

・画像系ファイル(.jpg)
・文書系ファイル( xls .pdf .txt.doc)
・音楽系ファイル(.mp4.avi .wma )
・圧縮系ファイル(.zip)


このランサムウェアに感染してしまった場合、ファイル暗号化
解除は大変困難です。データ復旧センターに相談するしかありません

大事なデータは事前に外付けHDDやクラウドにバックアップを
しておくことをお勧めします

BUFFALO USB3.0 外付けハードディスク PC/家電対応 2TB HD-LC2.0U3/N [フラストレーションフリーパッケージ(FFP)]

新品価格
¥9,480から
(2016/4/7 22:22時点)




<ランサムウェア復号ツール>

RANSOMWARE DECRYPTOR

ウイルス対策ソフトで有名なカスペルスキーでランサムウェアによって
暗号化されてしまったファイルを復元(復号,復旧)するツールが出ています。
100%暗号化を解除できるわけではありませんが試してみる価値はありです





■AVAST ランサムウェア復号ツール
https://www.avast.co.jp/ransomware-decryption-tools
20種類のランサムウェアに対応します

McAfee(マカフィー)

ESET(イーセット)
「TeslaCrypt V3」「TeslaCrypt V4」に有効


<ランサムウェア対策ツール>

Bitdefender Anti-Ransomware(※無償ダウンロード可能)

ランサムウェアの感染予防のみに有効なツールです。
通常のウイルス対策ソフトと一緒に導入しておくとセキュリティが高くなります

■感染経路

ランサムウェアはメールの添付ファイルを開封したりOS・ソフトの脆弱性を利用して感染します
つまりウイルス対策がきっちりされていれば感染を防ぐことができます。

正しいウイルス対策を知りたい方はコチラの記事を参照ください

スポンサーリンク

posted by m@ko at 20:00 | ランサムウェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする