2015年08月23日

【ウイルス対策A】重要な更新プログラムのインストール

それでは「重要な更新プログラム」のインストールを説明していきます
マイクロソフトではWindowsOSのセキュリティ欠陥や不具合があった
時に問題点を修復するプログラムを配布します
「Windows Updete」とよばれるものです。

Windows Updeteの更新通知があったにも関わらず更新を放置しておく
セキュリティの欠陥を狙ってウイルスが侵入します

ウイルス対策ソフトでは防御しきれない箇所であり、きちんと更新
プログラムをインストールしておくする必要があります





たまにしかパソコンを利用しないユーザ程、更新プログラムのインストール
を忘れている事が多い
のでウイルス感染防止の為にも対処しておきましょう

更新プログラムの確認方法です

スポンサーリンク

・Windows Vista
・Windows7

アクションセンター.jpg

左下のスタートボタンをクリック

検索窓に「WU」入力すると「更新プログラムの確認」
が一覧に表示されるので選択しEnter

・Windows8,8.1

WindowsUpdete確認.jpg

検索窓に「WU」もしくは「更新プログラムの確認」と入力し
Enterをクリック

「Windowsは最新の状態です」となっていれば更新確認はOKです

更新が必要なプログラムがある時は以下画像のように表示されます

Windowsupdete更新.JPG

更新プログラムがある場合は赤枠のリンクをクリックし
更新プログラムをインストールします。再起動がかかる場合が
多いので、他の作業は終了してから行いましょう

Windowsupdeteインスト.JPG

WindowsUpdete(重要な更新)は自動通知設定ができますので
設定を行っておくと適用もれがなく便利です。

スタート→検索窓に「更新プログラム」と入力
結果一覧の中に「WindowUpdete」が表示されますので選択しEnter

自動通知.jpg

本設定を行っておけば、更新プログラムのインストール通知がマイクロ
ソフトからあった場合にパソコンをシャットダウン、または再起動する
タイミングで自動的にインストールされます



重要な更新プログラムのインストールは、プログラム数が多ければ多いほど
時間がかかります。
更新が終わらないからといって、強制的に電源を切ったり
しないよう注意ください。

2015年8月12日に14件の更新プログラムが発表されていますが
マイクロソフトではこの脆弱性を利用した「悪用の事実」があったと
公表しており、被害拡大の恐れがあることから至急、修正プログラム
を適用するよう呼びかけが行われています。確認をしておきましょう

次に(3)周辺ソフトの脆弱性(ぜいじゃくせい)対策を説明します

スポンサーリンク

posted by m@ko at 20:38 | ウイルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする